お客様ひとりひとりに合わせたチューニングを!千葉県松戸市にあるスノーボード&スキー&ブーツチューニングショップ【MR-TUNE】

チューンナップ作業工程

1.板のチェック

 

滑走面、エッジの状態をチェックします。ここで、チューンナップが可能かどうか、フラットが出せるかどうかの判断をします。また、補修が必要な場合はリペアもします。

 

2.サンディング研磨

 

サンディングマシーンを使って、滑走面の研磨を施工します。ペーパーの番手やかける回数は板の状態によって異なります。

 

3.ストーン研磨

 

ストーンマシーンを使って、ストラクチャー加工をします。当店ではあまり深め・粗めのストラクチャーはおすすめしていません。

 

4.ベースエッジビベリング

 

手作業で慎重に仕上げていきます。基本的にはトップからテールまで均一な角度に仕上げるようにしています。フラットな「面」を出すことにこだわります。

 

5.サイドエッジ研磨、バリ取り、ダリング

 

ベースエッジと同じく手作業で行います。「面」へのこだわりはここでも同じです。 エッジのバリ取り処理により、乗り味が大きく変わってきます。鋭くかつなめらかに仕上げていきます。接雪点より外側はダリングします。

 

6.ワクシング

 

ホットワックス処理をします。エッジにはボーセーペンで錆止め処理もしておきま す。

 

7.パッキング

 

トップとテールにビニールのシートを挟みテープで板がずれないように止めます。お客様にはこの状態でお渡しします。

※すぐにご使用になるという場合には+500円でワックスはがしまでいたします。